このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのやりすぎでなってしまう「ゴルフ肘」原因と治療方法

ゴルフのやりすぎでなってしまう「ゴルフ肘」原因と治療方法

ゴルフをしている方は、ゴルフ肘に注意が必要です。ゴルフ肘と似たものにテニス肘がありますが、いずれも特定のフォームでスポーツをしている方に起こり得る症状です。ゴルフ肘では、上腕骨内側上顆部という肘の内側の部分に炎症が起こります。腕を伸ばしたときや手を握ったときに痛みを感じ、ゴルフのプレイに支障をきたします。

日常生活に支障をきたすほどの痛みではありませんが、放置することで激痛が起こるようになる恐れがあるため、早めの対策が必要です。ゴルフ肘を予防するためには、原因についても確認しておくことが大切です。また、早く治すために医療機関で受ける治療についても確認しておきましょう。ここでは、ゴルフ肘の原因や治療法、予防法について詳しく解説していきます。

ゴルフ肘の原因は

ルフ肘の原因は、肘に無理な力が入った状態でスイングなどを続けることです。ゴルフのプレイ中というよりは、普段の練習中に起こります。普段から間違ったフォームで練習していると、肘に負荷がかかりやすくなり、それだけゴルフ肘のリスクが上がるのです。例えば、肘を突っ張らせた状態でスイングしたり、力を入れすぎてスイングしたりすることが挙げられます。

手首や指を動かす筋肉や肘を動かす筋肉に余計な負荷をかけることで、上腕骨内側上顆部に大きな負担がかかります。その結果、炎症が起きてゴルフ肘の症状が現れるのです。痛みを感じた場合は、フォームが間違っている可能性があります。そのまま練習を続けると、ゴルフ肘になる恐れがあるため注意が必要です。

自己流でゴルフを練習している場合、フォームが間違っていることに気づけず、そのまま練習を続けてゴルフ肘を悪化させる恐れがあります。定期的にプロの指導を受けるなどして、ゴルフ肘を防ぐことが大切です。また、ネットにアップされているゴルフのスイングの動画などを見ながら反復練習するなど、自分よりも経験がある人のスイングを参考にしましょう。

ゴルフ肘を治療する方法

ゴルフ肘の治療では、肘に起きている炎症を押さえるために、消炎鎮痛剤の塗布や内服などを行います。また、場合によってはステロイドの局所注射をします。そのうえで、運動療法が重要とされています。例えば、手首を反らすストレッチを繰り返すことによって、上腕骨内側上顆部に大きな負担がかかりにくくなるのです。

つまり、ゴルフ肘の治療では、「現在起きている炎症を鎮め、新たに炎症が起こることを防ぐ」という方針となります。また、一時的な痛みの解消方法として、次のようなマッサージも効果が期待できます。

肘ストレッチ

  1. 親指を外側にし、指先を自分の身体に向くように、前方の台に両手のひらをつきます
  2. 肘を伸ばして、後方に体重をかけます
  3. 次は、手の甲を台につけて、後方に体重をかけましょう

手首ストレッチ

  1. 手のひらを前方に見せて、腕を伸ばします
  2. 反対の手で指をつかみ、手前に引きます
  3. 八の字になるように両手を組み、身体へ引き寄せましょう

このようなストレッチを行うことで、ゴルフ肘による痛みを一時的に和らげられる可能性があります。ただし、強い痛みを感じた場合は、中止しましょう。

ゴルフ肘を予防するには

ゴルフ肘を予防するために、毎回の練習前と練習後にストレッチやマッサージを行うことが大切です。ストレッチする人としない人では、ゴルフ肘のリスクが異なります。腕や肩の筋肉をさすったり、ゴルフ肘の痛みの解消に役立つストレッチをしたりしましょう。また、その際にはエミューオイルを使うのがおすすめです。

ミューオイルは、エミューという大型の鳥から採取される油で、炎症を抑える働きが期待できます。ゴルフ肘とまではいかなくとも、軽い炎症が起きているような場合に役立つでしょう。痛みを感じるような強い炎症が起こる前に対策することで、ゴルフ肘でプレイや日常生活に支障をきたすことがなくなります。

また、練習を長く続けていたり、休みなくプレイしていたりすると、正しいフォームでスイングしていてもゴルフ肘のリスクが上がります。自分の限界に合わせて、適度に休養することが大切です。休養中は、手首や肘に負担をかけるような作業を避け、休むことに専念しましょう。また、休養していても痛みを感じる場合は、一度医師に相談することが重要です。

まとめ

連日ゴルフをしている方は、ゴルフ肘になりやすいとされています。また、間違ったフォームでゴルフをしている方も肘に炎症が起こりやすいので、正しいフォームを身につけましょう。練習をしていて痛みを感じる場合は、フォームが間違っている可能性があります。そして、正しいフォームでプレイしていても、多少の負担がかかっているため、適度に休養をとることが大切です。

そして、ゴルフ肘の予防のために、練習前やプレイ前、練習後やプレイ後にストレッチやマッサージをしましょう。肘にかかる負担を抑えることで、ゴルフ肘の予防に繋がります。ゴルフ肘は、放置すると日常生活に支障をきたすほどの激痛が起こる場合もあるため、痛みを感じた際には早めに医師に相談しましょう。
監修専門家プロフィール


みやざわ整骨院院長 宮澤大助

東京都大田区池上でみやざわ整骨院を開業。ゴルフ、野球、サッカー、相撲、マラソン、水泳の多種分野のアスリートが主に来院。数多くのトップアスリートを治療し、コンディショントレーニングをサポート。代替医療分野で「東久邇宮記念賞」を受賞。

http://www.tgc-d.com/miyazawa.html


記事の参考URL
https://www.sorbo-japan.com/trouble/hiji_massage.html

http://www.kameda.com/pr/sports_medicine/post_44.html

http://www.golfista-fs.com/blog/2016/11/14/209