このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフラウンド後に筋肉痛になる部位|アフターケアをして翌日も楽に過ごしましょう

ゴルフラウンド後に筋肉痛になる部位|アフターケアをして翌日も楽に過ごしましょう

ゴルフラウンド後には全身のさまざまな部位が筋肉痛になります。ただし、筋肉痛が起こるかどうかは普段の運動習慣や身体の使い方で異なります。筋肉痛が起きたからといって必ずしもフォームに問題があるとは限りません。しかし、筋肉痛が起こると翌日のプレイに支障をきたすでしょう。プレイ期間が終わったとしても筋肉痛が強いと日常生活に支障をきたす可能性があります。

そのため筋肉痛が起こる原因やその理由を確認したうえで、しっかり対策することが大切です。筋肉痛は、原因に対処しつつアフターケアすることで防げる可能性が高まります。今回は、ゴルフラウンド後に筋肉痛になる部位を紹介するとともに、その理由や対処法まで詳しく解説していきます。

正しく筋肉を使えていると「身体の内側とお腹の周り」が筋肉痛になる

ゴルフで正しく筋肉を使えていれば、身体の内側とお腹の周りが筋肉痛になることが多いです。これは、ゴルフのスイングでは、体幹の腸腰筋やお腹の周りの筋肉などを使って、打つときのエネルギーをクラブやアイアンに伝える役割を果たすからです。

しっかり筋肉を使えていれば、プレイ後にこれらの部位の筋肉痛が起こりやすいと言えるでしょう。ただし、腸腰筋は筋肉痛が起こりにくい部位といわれているため、必ずしも痛くなるとは限りません。普段使わない筋肉を突然使うよりも、鍛えておくことで、力強いスイングができるようになるとともに、筋肉痛も起こりにくくなります。

しかし、身体の内側の筋肉は普段の生活で鍛えることはなかなか難しいので、意識的にトレーニングすることが大切です。お腹周りの筋肉が使えているということは、体幹も使えているということです。逆に、お腹周りの筋肉が使えていない状態では、体幹の筋肉も使えていないため、力強いスイングはできません。ただ筋肉を鍛えるだけではなく、スイングの練習も行い、筋肉の使い方を身につけましょう。

運動習慣が無かったり力んだりしていると全身の至る所が筋肉痛になる

筋肉痛が起こるかどうかは「普段から運動習慣があるか」「力みすぎていないか」などで決まります。普段から運動していない場合ゴルフプレイ時にかかる負荷に耐え切れず、筋繊維が断裂して痛みが発生すると考えられています。ただし、筋肉痛のメカニズムはいまだ解明されていません。

普段から筋力トレーニングをしたり、有酸素運動をしたりすることが大切です。また、肘や肩の筋肉は腕の力に任せてスイングしていると筋肉痛になりやすいため、正しいフォームで楽にスイングすることを心がけましょう。また、疲労が溜まっているとフォームが乱れがちになるため、適度に休憩しながらプレイすることも重要です。

その他デスクワークなどで運動の頻度が極端に少ない場合は、太ももやふくらはぎなど、足の筋肉痛が起こります。通勤の際に、できるだけ長距離を歩くようにしたり、階段を使うようにしたりすることで足の筋肉を鍛えられます。また、背筋もスイングのときに使うため、普段から鍛えられていないと筋肉痛になる可能性があります。

全身の筋肉が痛むと、日常生活に支障をきたす恐れもあるため、運動を習慣づけることが大切です。

運動後のアフターケアで疲れを残さない!

運動後にしっかりアフターケアをして体力を養うことで、筋肉痛が起こりにくくなります。次のようなケアを習慣づけましょう。

筋肉痛が起こりにくくなるケア

ストレッチ
筋肉をしっかり伸ばして負担を和らげましょう。太ももや腰、肩、足などをストレッチしてください。痛いけれど気持ちいいと感じる程度の強度でほぐすことがポイントです。短時間ではなく、しっかり時間をかけて、ゆっくりほぐしましょう。
マッサージ
マッサージには血行を促して筋肉の修復を助ける効果が期待できます。足や腕、背中、お腹周りなどをマッサージしましょう。その際には滑りを良くするためにオイルを使うことが大切です。おすすめは、肌になじみやすく、血行促進効果が期待できるエミューオイルです。人の皮脂に近い性質があるため、少量でしっかり伸びます。また、マッサージの方法については、下記の動画を参考にしてください。

(動画引用元:Youtube)
水分補給
筋肉の素となるアミノ酸を含むドリンクを飲みましょう。アミノ酸ドリンクには、脂肪燃焼を助ける働きもあるため、ダイエット中の女性にもおすすめです。

まとめ

ゴルフラウンド後に筋肉痛になると翌日のプレイや日常生活に支障をきたします。正しいフォームでのスイングを心がけましょう。また、普段から全身の筋肉を鍛えておくことで、筋肉痛が起こりにくくなります。本格的な筋力トレーニングをしなくても、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけで筋肉痛を防げる可能性もあります。

※厚生労働省が推奨する日常生活でできる10分の運動(詳細はこちら)
無理のない形で続けることが重要のため、ライフスタイルに合わせて取り入れましょう。また、プレイ後にマッサージやストレッチ、水分補給などのアフターケアをすることも大切です。マッサージでは、エミューオイルを使用し、筋肉痛を抑える効果を高めましょう。このような日々の習慣がプレイ後の筋肉痛を防ぎ、快適なゴルフライフにつながります。

監修専門家プロフィール


みやざわ整骨院院長 宮澤大助 東京都大田区池上でみやざわ整骨院を開業。ゴルフ、野球、サッカー、相撲、マラソン、水泳の多種分野のアスリートが主に来院。数多くのトップアスリートを治療し、コンディショントレーニングをサポート。代替医療分野で「東久邇宮記念賞」を受賞。 http://www.tgc-d.com/miyazawa.html


記事の参考URL
https://gridge.info/articles/1073
http://blog.tokyu-golf-resort.com/knowhow/281.html
https://www.youtube.com/watch?v=0s8M21LCLds