このエントリーをはてなブックマークに追加

辛い肩こりを解消する方法は?肩こりの原因から対処しましょう

辛い肩こりを解消する方法は?肩こりの原因から対処しましょう

肩こりは、デスクワークや読書を頻繁にする方に起こりやすい症状です。肩まわりの筋肉に負担がかかり、緊張することで起こります。この肩まわりの筋肉の緊張が強くなると、日常生活に支障をきたすほどの辛い肩こりになるのです。

肩こりの原因は日常生活にありますが、病気によって引き起こされるケースもあるため、自己判断は禁物です。原因を突き止めて解消すれば、肩こりも起こりにくくなるでしょう。また、辛い肩こりは簡単に治すことはできません。複数の方法を行い、効率的な改善を目指しましょう。

特に、マッサージが肩こりの解消に効果的なため、日常的に行うことをおすすめします。ここでは、辛い肩こりの原因や解消法について詳しく解説していきます。

肩こりが起こる原因は?

肩こりが起こる原因は、次のとおりです。

  • 同じ姿勢や悪い姿勢を続ける
    パソコン作業や読書など、同じ姿勢を長時間続けることで、肩まわりの筋肉が緊張します。同じ姿勢を保つということは、頭の重さを同じ筋肉で支え続けるということです。首や背中、肩甲骨などの筋肉が重い頭を支え続けることで、筋肉が緊張して肩や首のこりが起こるのです。また、背中を丸めて首を前に突き出すような悪い姿勢を続けた場合も、肩まわりの筋肉に負担がかかり、肩こりなどが起こります。
  • 目の疲れ
    身体が冷えると、血管が収縮して血行が悪くなります。その結果、筋肉に疲労を感じやすくなりがちです。また、運動不足になると、筋肉が落ちることで血行が悪くなります。
  • 精神的なストレス
    精神的なストレスで自律神経が乱れ、血管が収縮することで血行が悪くなります。

病気が原因で肩こりが起こる場合も・・・


肩こりは病気によっても引き起こされるため、自己判断は禁物です。生命に危険が及ぶ病気が潜んでいる可能性もあります。肩こりを引き起こす病気は、次のとおりです。

  • 心臓の病気
    胸が締めつけられるような痛みに伴い、左の肩や背中に強い痛みを感じる場合は、心筋梗塞や狭心症など心臓の病気の可能性があります。突然死にもつながる可能性のある病気のため、このような症状が現れた場合は、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。
  • 頚椎椎間板ヘルニアや五十肩
    肩や首の病気が原因で、肩こりが起こる場合があります。頚椎椎間板ヘルニアでは、首の痛みや腕の痺れなど、ほかにもさまざまな症状が現れることが特徴です。
  • 喉や口の病気
    喉や口の病気になると、肩こりが起こる場合があります。必ず起こるわけではないため、判断が難しいでしょう。

病気に伴う肩こりは、病気を治療しなければ改善が期待できません。自己流のケアを続けた結果、肩こりは一向に治らず、病気が進行した状態で発見される可能性もあります。そのため、思い当たる原因がないのに肩がこる場合は、医療機関で詳しい検査を受けた方がいいでしょう。

肩こりを解消する方法

肩こりは、次のような方法で解消できます。

ストレッチ
肩こりの解消に効果的なストレッチを5種類紹介します。取り入れやすいと思ったストレッチをぜひ試してみてください。

  • 両手を組み、天井に向けて伸ばします。このとき、後方へ少し反ると効果的です。
  • 片方の腕を身体の反対側へ伸ばし、もう一方の腕で身体に引き寄せます。
  • 片方の腕を首の横を通して背中側に曲げ、もう一方の手で肘をつかんで下方へ引っ張ります。
  • 両手を身体の前で組み、まっすぐ伸ばします。同時に、背中を丸めましょう。
  • 両手を後ろで組み、まっすぐ伸ばします。その状態で、上の方に上げてください。

痛みを感じず、気持ちよく筋肉を伸ばしている感覚があれば、正しい方法でできています。痛みを感じるほどのストレッチは逆効果のため注意しましょう。

マッサージ
マッサージで肩まわりの筋肉をほぐすことで、肩こりの改善が期待できます。次の動画を参考にしてください。


まとめ

肩こりは、デスクワークや読書などで同じ姿勢を長時間続けている方や、姿勢が悪い方、日常的に精神的なストレスを受けている方などにみられます。これらの原因を解消することで、肩こりを改善できるでしょう。また、ストレッチやマッサージを習慣づけることで、肩こりを早い段階で解消することが期待できます。辛い肩こりになると、なかなか解消させることができません。

そうなる前に対処することが大切です。自分でも肩こりの原因がわからなかったり、ほかにも症状が現れていたりする場合は、医療機関を受診しましょう。肩こりは、心筋梗塞や頚椎椎間板ヘルニアなどの病気でも起こるため、必要に応じて医師の診察を受けることが大切です。病気が原因の場合は、病気を治療することで肩こりも解消するでしょう。

監修専門家プロフィール


みやざわ整骨院院長 宮澤大助 東京都大田区池上でみやざわ整骨院を開業。ゴルフ、野球、サッカー、相撲、マラソン、水泳の多種分野のアスリートが主に来院。数多くのトップアスリートを治療し、コンディショントレーニングをサポート。代替医療分野で「東久邇宮記念賞」を受賞。 http://www.tgc-d.com/miyazawa.html


記事の参考URL
https://takeda-kenko.jp/navi/tsukare/katakori/cause.html
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/201006/homeclinic.html
https://kuukai3.com/2019/03/26/post-8537/
https://www.youtube.com/watch?v=OZhbSRR0CDA