このエントリーをはてなブックマークに追加

春のリップメイクお悩み解決!色持ち持続ケア&失敗しない色選び

春のリップメイクお悩み解決!色持ち持続ケア&失敗しない色選び

今回は、美容意識の高い40~50代の女性を対象に「リップメイクでの悩み」についてアンケートを行ってみました。

ひと塗りで顔の印象をガラッと変えることができるのがリップメイクの魅力です。

アンケート結果を紹介すると同時に、リップメイクに対する悩みや不安を解決するためのケア方法や、自分に合うリップの選び方についても解説していきます。

塗って終わりじゃない!リップメイクが苦手な女性は多い

 

早速、40~50代の女性100人を対象にした「リップメイクに関する悩み」のアンケート結果を見ていきましょう。

 

美容意識の高い40~50代の女性100人の中で38人が抱えるリップメイクでの悩みの第1位は、「すぐに色が落ちる」ことでした。

回答コメントでは、以下のようなものが目立ちました。

「食べた時に落ちやすいのが少し気になります」

「コップで飲むと、すぐに色が落ちてしまうことです」

食べたり飲んだりしている時などに口紅の色が落ちてしまうことを気にする意見が多く挙がりました。

また、以下のような回答もありました。

「唇を舐めてしまうので、すぐに色落ちしてしまう」

「いつの間にか落ちているイメージがあります」

このように、唇を舐めてしまう癖や無意識のうちに落ちてしまっていることを気にする意見も多いようです。

日常生活の中で口を動かすことが多いので、リップは化粧品の中でも最も化粧崩れしやすいものの一つといえます。

意識的に確認しないと落ちていることに気が付くことができず、落ちてしまってから塗りなおすまでに、タイムラグが生じてしまうのも悩みの種のようですね。

 

続いて、100人中24人が抱えるリップメイクでの悩み第2位が、「ベージュリップだと唇がくすんで見える」ことでした。

落ち着いた色味や自然に馴染むナチュラルさが人気のベージュリップですが、このような回答がありました。

「ベージュリップでナチュラルなメイクにしたつもりが、顔色が悪いと言われてしまった」

「全体的に明るいイメージを保ちたいので、くすんで見えることは悩みです」

このように、ベージュリップについてはくすみに対する悩みを抱える方が多いようです。

鮮やかな色を塗ることに抵抗はあるものの、「きちんと化粧を楽しみたい」という方が特にこのベージュリップに対する悩みを抱えているようです。

 

第3位にランクインした悩みは、「オレンジリップが元気色すぎて浮く」ことでした。

100人中16人が回答しました。

失敗エピソードとしては、以下のようなものがありました。

「最近買ったオレンジリップが、使い慣れてない色なのもあってメイクに馴染まない気がする」

「オレンジリップが肌色的には合うのですが、若いメイクになりすぎる」

 

そして、わずか2票の僅差で第4位となったのが「マットリップで唇の皮が目立つ」こと。

こちらについては、以下のような意見がありました。

「マットが流行しているのでつけて外出したら、外の鏡を見た時に皮がめくれあがっていた」

「マットなカラーを使ってみたいけれど、皮がむける」

マットリップの質感が原因で、唇の皮がむけてしまって目立つという悩みを持つ人目立ちました。

 

3位、4位はともにトレンドの色や質感なので、取り入れてはみたけどなんとなく違和感を抱いてしまうという悩みを抱えた方が多いようですね。

 

その他には、以下のような回答もありました。

「青みピンクリップを使ったところ娘から古臭いメイクだと言われて悩んでいます」

「どんなリップを使用しても、数時間で必ずガサガサして皮がむけてしまいます。色付きのリップでもメーカーを選ばないとやはりトラブルになるので、よほどのことがない限りきちんとしたリップメイクはできません」

悩みの内容は人それぞれですが、皆さん様々な点で困っているということが分かりました。

メイクが乗りやすくなる事前リップケア

綺麗なリップメイクをするには、日ごろのリップケアが不可欠です。

朝・日中・お風呂上り・寝る前の4つのタイミングでそれぞれ大切なケアがあるので、一つずつ見ていきましょう。

 

縦じわや皮むけがあると綺麗なリップメイクができません。

ベースメイクを始める前にまずはリップクリームを塗ってからメイクを開始し、状態が整ったタイミングで仕上げとしてリップメイクをするようにしましょう。

日中

実は、リップは紫外線によるダメージを受けやすい部位です。

そのため、日中もこまめにリップクリームを塗って紫外線からガードしてあげる必要があります。

お風呂上り

お風呂上りは体の水分が一気に奪われるタイミングなのは多くの人がご存知なのではないかと思います。

水分を失った肌にたっぷり化粧水を塗るように、リップにもリップクリームを塗ってあげる必要があります。

寝る前

寝る前にたっぷりリップクリームを塗ることで翌日のリップコンディションが段違いによくなります。

最近はリップ用のマスクやパックもあるので、そういったものを活用するのもよいでしょう。

自分色リップを見つけるポイントと塗り方

せっかく購入したリップですが、実際につけてみるとなんだかイメージと違ったという経験はありませんか?

 

実は、人にはそれぞれ肌の色や顔立ちによって似合う色・似合わない色が存在します。

それを知ることができるのが「パーソナルカラー診断」です。

「ブルべ」や「イエベ」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

自分に合う色・合わない色を把握することで、リップメイクの楽しみ方が変わってくるかもしれません。

 

これから春のトレンドアイテムもどんどん発売されていくので、新しい化粧品を購入する前にパーソナルカラー診断を受けてみてはいかがでしょうか。

また、リップメイクをする際にただ塗るのではなく、基本のリップケアをきちんとする、リップブラシを使って丁寧に塗ってみる、ティッシュで余計な油分をオフするなど、ひと手間かけてあげることで悩みを簡単に解決できるかもしれません。

まとめ

今回は、40~50代の女性が抱えるリップメイクの悩みに関するアンケート結果の解説と、日ごろからできるリップケアの方法や自分に合うリップの選び方などを紹介しました。

リップメイクをより一層楽しむことができるように、ケアをきちんと行いながら自分に合った色や方法を選んでいきましょう。