このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に乳液は使わないでもいい?暑い季節の乳液の必要性をおさらい!

夏に乳液は使わないでもいい?暑い季節の乳液の必要性をおさらい!

夏は湿気が多く、顔がベタベタしますよね。今回は、美容意識の高いアラフォー&アラフィフ女性に「あなたは夏に乳液は使う?使わない?」というアンケートをしました。夏でも乳液の保湿は必要なの?夏に使いやすい乳液の特徴が知りたい!など、悩める女性の質問に答えます。

夏に乳液、使う?使わない?

今回は、アラフォー&アラフィフ女性に「夏に乳液を使う?使わない?」とアンケートをしました。乳液をつけると、肌がベタベタになりそうという印象があるかもしれません。美容意識の高い美魔女から、夏の保湿のコツを盗んじゃいましょう!

使う

「夏に乳液を使う」と答えた方が過半数を占めました。アンケートに回答された方の詳しい理由や生の声を見ていきましょう。

 

・エアコンによる乾燥が心配

夏はエアコンによる乾燥に注意!さらにうっかり日焼けをすると、肌が乾燥してしまうというデータもあります。

40代〜50代女性は、乾燥にとっても敏感。アンケートによると、皆さん乳液で賢くケアをしています。

汗でベタつくけれど、肌の乾燥が怖い…。ベタベタは苦手だけど、お肌のために使っているとの声が多数です。

 

・季節に関係なく乳液は使う

アンケートによると、季節関係なく乳液を使っている人がたくさんいます。やっぱり、乳液で蓋をしないと、水分が逃げてしまうのを知っているんですね。

特に乾燥肌の方は、季節を問わず肌が乾燥してしまいます。空調が強い職場だと、保湿は欠かせない存在です。

なかには、夏に保湿をサボると、冬に乾燥肌がひどくなってしまうという女性も。夏のダメージを冬に残さないように、しっかりケアをしましょう。

 

・紫外線による乾燥を防ぎたい

夏は紫外線が怖い!肌に水分が足りないと、より日焼けをしてしまいます。

年齢肌に日焼けは厳禁です。なので、保湿をしっかりすることも紫外線対策に繋がります。

しかも、日焼け止めは乾燥しやすい特徴があるってご存じでしたか?

化粧水を塗ったら、水分を逃さないために乳液はマストです。日焼けしにくい肌を作って、夏のダメージに備えましょう。

 

使わない

逆に、「夏に乳液を使わない」と答えた方は26%でした。それぞれの理由を見ていきましょう

 

・ベタつきがきになるので使わない

夏に乳液を使うと、ベタベタして不快だし、スキンケア後にベッドやソファに寝ると、ゴミが顔にくっつくということも。なかには、顔にホコリが付着して肌荒れを起こしてしまったユーザーさんもいました。

「保湿力の高い化粧水に変える」「乾燥する部分のみ皮膚科処方のクリームを塗る」などの小技で乗り切るアイデアが多数です。

 

・オールインワンジェルで代用

賢いアラフォー&アラフィフ女性は、オールインワンジェルを愛用中!?ジェルにバランスよくうるおい成分が入っているので、時短も叶います。

乳液やクリームと違ってテクスチャが軽いので、嫌なベタベタ感がありません。

 

たまに使う

最後は「たまに使う」という意見です。乾燥する可能性が高いシーンのみ、上手に乳液を使用しています。

肌のコンディションしだいで使ったり使わなかったりと、美容意識の高さがすごいですね。

頬だけなど、パーツごとに乳液を使うのもおすすめです。

 

 

夏でも乳液の保湿は必要

夏に乳液を使うと肌がベタベタして最悪!だからといって、肌の保湿をサボっていませんか?

化粧水だけで済ませてしまうと、肌の保湿が足りずに乾燥してしまうかもしれません。

夏は湿度でお肌がしっとりしていると勘違いしがちです。しかし、化粧水を使ったあとは、水分が飛ばないように乳液でカバーする必要があります。

潤いも逃したくないし、ベタベタも嫌なら「ジェル」がおすすめです。さっぱりとした使い心地が夏にぴったりですよ。

 

夏に使いやすい乳液の特徴

夏に使いやすい乳液のひとつ目は「ジェルタイプの乳液」です。そこまで重たくなく、ベタベタしません。

乳液の役割は、化粧水の水分を外に逃さないこと。ジェルでしっかり蓋をして、うるおいを守りましょう。

ふたつ目は「軽いテクスチャーの乳液」です。さらっとしていて、肌にしっかり塗ってもあまりベタベタしません。

 

汗によるヌルつきが気にならず、しっとりサラサラ。肌の水分を逃さず、気持ちよく保湿ができるアイテムです。

 

まとめ

乳液は夏でも必須のアイテムです。化粧水の水分を逃さないように蓋をする必要があります。

ベタベタが苦手な方は、「ジェルタイプの乳液」「軽いテクスチャーの乳液」がおすすめです。ヌルっとせずに、サラサラ肌が叶います。

夏は、空調や紫外線など乾燥の罠がたくさん。年齢肌こそ、乳液で賢く保湿するのがおすすめです。

自分のお肌に合った乳液を見つけて、夏の肌トラブルを乗り切りましょう!