このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフで日焼けしてしまったら!日焼け後のアフターケア

ゴルフで日焼けしてしまったら!日焼け後のアフターケア

ゴルフ場は直射日光を受けやすいため、日焼け止めクリームやUVカットウェアなどによる紫外線対策が欠かせません。しかし、紫外線対策をしていても日焼けをする場合があります。日焼けをした場合、いずれ元通りになるからといって放置すると、色素沈着が起こる可能性もあるため、適切に対処することが大切です。

また、日焼けによって赤みやヒリヒリ感などが起これば、プレーにも支障をきたしかねません。適切にアフターケアをすれば、症状を翌日に持ち越さずに済みます。ゴルフを楽しむためにも、日焼けした際にはアフターケアをしましょう。

ここでは、「日焼けとはどのような状態なのか」「どのようにアフターケアをすればいいのか」について、詳しく解説していきます。

日焼けは軽度のやけど状態!

日焼けとは、いわゆる軽度のやけどのような状態です。肌が赤くなったりヒリヒリしたりするだけではなく、皮がめくれることもあります。医学的には、日焼けを日光皮膚炎といい、肌が炎症を起こした状態です。

強い日焼けの場合は、水ぶくれや強い痛みなどの症状が現れます。この場合、自宅でのアフターケアでは十分な改善が見込めないため、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。

強い炎症が起きた状態では、メラノサイトでメラニンが生成されます。メラニンが多量に生成されると、肌に沈着してシミになるリスクが高まるのです。そのため、美容を気づかう方は紫外線対策とアフターケアに力を入れる必要があります。

日焼けは、日差しが強い日のプレー後に起こりやすいのですが、くもりの日や夏以外の季節でも紫外線が降り注いでいます。肌の状態によっては、夏でなくても日焼けするでしょう。そのため、屋外でゴルフなどをした後は、季節に関係なく日焼けする可能性があることを覚えておいてください。

普段から注意しておくことで、早い段階で日焼けに対処できるでしょう。

ゴルフで日焼けしてしまった場合の対処法


ゴルフで日焼けしてしまった場合は、できるだけ早く冷やしましょう。冷やすことで炎症を抑えられるため、日焼けが長引いたりシミができたりするリスクを減らせます。プレー後すぐに冷やし、自宅に帰ってからも冷やすことが大切です。少し冷やすだけでは、炎症を十分に抑えられず、時間が経つと再び炎症が強くなる可能性があります。

冷やし方は、水道の水やシャワーなどをかけるか、氷水の中に日焼けをしたところを浸けるだけです。冷やしすぎると凍傷になる恐れがあるため、氷を直接当てることは避けましょう。氷を当てるときは、ビニール袋に入れて当ててください。同様に、保冷剤を当てるときは、布やハンカチにくるみましょう。

また、日焼けした肌は乾燥し、外部刺激に弱くなります。シミの原因となるメラニンは、紫外線に限らず、摩擦などの刺激によっても生成されるため、日焼け後は色素沈着が起こりやすくなるのです。化粧水などで保湿することで、乾燥した肌への大きなダメージを防げます。

化粧水だけでは、時間が経つと乾燥してしまうため、乳液やクリームを重ね塗りすることをおすすめします。また、ヒアルロン酸やセラミドなど、肌のうるおいを保つ成分が含まれたものを使うのが効果的です。

日焼け後の保湿にはエミューオイルがおすすめ

日焼け後の保湿ケアには、エミューオイルがおすすめです。エミューオイルは、エミューという鳥から抽出したオイルのことで、人に必要な必須脂肪酸を含む10種類以上もの脂肪酸を含んでいます。人の肌になじみやすく、日焼けダメージを沈静化させる働きを持ちます。

そのため、エミューオイルが含まれているオイルや美容液などがおすすめです。商品によっては、エミューオイルの他にも栄養成分が含まれているケースがありますが、肌に合わないリスクが高まるため、エミューオイルだけが含まれたシンプルな商品を選びましょう。

エミューオイルの特徴は、酸化しにくいことです。オイルを塗ったところに紫外線が当たると、酸化して色素沈着のリスクが高まります。エミューオイルには、酸化に強く、劣化しにくいオレイン酸が豊富に含まれているため、酸化による色素沈着の心配がほとんどありません。

このように、エミューオイルには、他のオイルよりも扱いやすく、リスクが低いというメリットがあります。日焼けしたときにすぐに塗れるように、小型ボトルなどに入れて持ち歩くことをおすすめします。


まとめ

ゴルフで日焼けをした場合は、できるだけ早く冷やしましょう。日焼けは、軽度の炎症が起きた状態のため、冷やして炎症を抑えることが大切です。直接、氷などを当てると凍傷になる恐れがあるため、布などにくるんだ保冷剤やビニール袋に入れた氷などを当てましょう。

シャワーなどで水をかけるだけでも炎症を抑えられます。ただし、水ぶくれや強い痛みを感じる場合は、セルフケアでは改善が期待できないため、早めに皮膚科を受診してください。

日焼け後は肌が乾燥しているため、エミューオイルで保湿しましょう。人の肌になじみやすく、うるおいをしっかり与えてくれます。日焼けを放置すると、色素沈着などの肌トラブルが起こる可能性があるため、適切に対処しましょう。

記事の参考URL
https://ryo2003.sakura.ne.jp/wp3/golf-physical/ultraviolet-step/
http://www.osaka-emu.com/uvcare.html