このエントリーをはてなブックマークに追加

汗はあらゆる肌トラブルの元凶!?夏場は特に注意して汗対策しよう!

汗はあらゆる肌トラブルの元凶!?夏場は特に注意して汗対策しよう!

夏場は、紫外線によるダメージや冷房による乾燥で肌の調子が悪くなりがちです。その他、汗の影響で肌にダメージが及ぶ場合があることをご存じでしょうか。汗は、体温調節のために出るものですが、肌についたままにしておくと、肌トラブルの原因になるのです。そのため、汗はこまめに拭きとることが大切になります。

しかし、拭き取り方によっては汗の影響で肌にダメージが及ぶ可能性があります。このように、汗はさまざまな角度から肌にダメージを与えるため、しっかり対策することが大切です。また、汗を落とすだけではなく、しっかり保湿ケアすることがスキンケアの基本です。今回は、夏場に注意したい汗が肌にダメージを与える理由と対策方法について、詳しくご紹介します。

弱酸性の肌にアルカリ性の汗がついて肌バランスが崩れる

汗によって肌の調子が悪くなるのは、弱酸性に保たれている肌がアルカリ性の汗によってバランスが崩れるためです。弱酸性の環境では、肌に生息する雑菌が繁殖しにくいため、雑菌によるトラブルが起こりにくくなっています。しかし、汗の影響でアルカリ性に傾くと、雑菌が繁殖しやすくなるのです。その結果、ニキビや湿疹などの肌トラブルが起こります。

また、汗をかきすぎると、汗を分泌する汗腺がつまり、あせもができやすくなります。さらに、汗が蒸発するときには、肌の水分も一緒に蒸発してしまうため、乾燥肌の原因にもなるのです。汗をかいたあとに、肌のベタつきがあるのにカサカサもしている場合、汗で肌の水分が奪われたのだと考えられます。

汗で肌にダメージが及ぶと、もともと乾燥肌の方はかゆみを感じやすくなるでしょう。その結果、かゆいところをかいてしまい、肌が傷つくことも懸念されます。雑菌の繁殖を防ぎ、うるおいのある健やかな肌をキープするためにも、汗をかいたら小まめに拭き取りましょう。小さいタオルや汗拭きシートを持ち歩くことが大切です。

力強い洗顔や汗の拭き方のせいで肌が傷つく

汗を拭くとき、ベタつきが気になるからといってタオルで力強く拭くと、肌が傷ついてしまいます。傷ついたところに、汗の影響で増えた雑菌が侵入し、炎症を引き起こす恐れがあります。炎症が起こると、場合によってかゆくなり、かいてしまうでしょう。そうすると、かゆみを引き起こす成分がさらに増えて、強い炎症につながる可能性があります。

汗を拭きとるときは、汗を吸収させるイメージで、タオルや汗拭きシートを軽く押し当てましょう。

また、汗を落とすためにしっかり洗顔しようとした場合にも、ゴシゴシとこすることで肌を傷つけるケースがあるため注意が必要です。肌の水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守る皮脂を落としすぎてしまい、肌が乾燥しやすくなります。

また、ベタつきが気になるからといって、脂性肌ではないのに脂性肌用の洗顔料を使った場合にも、皮脂を落としすぎてしまいます。洗顔では、自分に合った洗浄力の洗顔料をしっかり泡立てて、きめ細かい泡をつけていき、優しく洗うことが大切です。

毎日の洗顔方法を間違えていると、肌荒れがいつまで経っても改善しなくなる恐れがあるため、最優先で見直したいところでしょう。

汗を落としたあとのケアも肝心

正しい洗顔で、肌や毛穴の汚れや汗をしっかり落としたら、必ず化粧水などで保湿しましょう。洗顔後は、皮脂の減少や角質のダメージなどによって、肌が乾燥しやすくなっています。そのため、化粧水や美容液で水分を補う必要があります。さらに、油分を補って、肌の水分の蒸発を防ぐことも大切です。

油分を補う役割を持つのが乳液やクリームです。肌がベタつく方でも肌の内側が乾燥している可能性があるため、必ず保湿ケアに取り入れましょう。肌の外側がうるおっているのに内側が乾燥している状態を「インナードライ」といいます。インナードライになると、肌がさらにベタつき、肌トラブルが起こりやすい肌環境になります。

インナードライを含め、乾燥を防ぐために必要な油分を補うのにおすすめなのが、エミューという鳥から採取されるエミューオイルです。保湿作用だけではなく、抗炎症作用もあるため、汗のダメージで起きた炎症を沈静化してくれるでしょう。

また、肌になじみやすいため、毛穴にまでしっかり入り込み、外的刺激から守ってくれます。伸びもいいため、「乳液やクリームだと肌がベタついて不快感がある」という方にも向いているでしょう。また、オイルケアであれば、肌に「ふた」をして水分の蒸発を防げるため、保湿効果を実感しやすくなります。

そのほか、エミューオイル配合の美容液は、肌への水分補給と油分の補給の両方をかねそなえており、日々のケアが楽になります。エミューオイルは人の皮脂成分と似た構造のため、肌になじみやすく伸びが良いことも特徴です。

汗をしっかり落としたら、エミューオイルを使った保湿ケアで肌の防御力を高めましょう。

まとめ

汗は、肌のバランスを崩して雑菌の繁殖を招いたり、拭き取るときの刺激で肌にダメージを及ぼしたり、さまざまな角度から肌に悪影響を及ぼします。夏は、少し歩くだけで汗が噴き出すこともありますが、汗が気になるからといって、力強く拭いたり洗顔したりしないことが大切です。汗そのものは、体温調節の役割を担う重要なもののため、うまく付き合うようにしましょう。

また、洗顔後は必ず保湿ケアをして、汗の影響を受けてもトラブルが起こらない肌を目指してください。保湿ケアにおすすめのエミューオイルを使用し、外的刺激に対する防御力を高めましょう。もちろん、汗をかかないように冷却グッズを使うのも大切です。不要な汗をかかないようにしつつ、適切にケアしていきましょう。

https://www.sincia.jp/sincia/html/column/column16.html
https://www.shiseido.co.jp/sw/c/dp/special/43.html
https://www.kao.com/jp/skincare/care/basic-02/