このエントリーをはてなブックマークに追加

冬肌の「困った!」と決別したい。カサカサ・しわしわにならない冬のスキンケアのススメ

冬肌の「困った!」と決別したい。カサカサ・しわしわにならない冬のスキンケアのススメ

寒い冬は手袋やマフラーなどの防寒具や暖かいアウターが欠かせませんが、どれだけ暖かい恰好をしてもしのげないのが冬の乾燥です。冬になると「肌のカサツキが気になる!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、美容意識高い女性の冬のお肌のケア事情を知るために、40~50代女性に「冬のスキンケアで最も気をつけていること」を調査してみました。ぜひ皆さんの冬のスキンケアの参考にしてください。

冬のスキンケアで最も気をつけていることは?1位「保湿力が高い基礎化粧品を選ぶ」

今回のアンケートでは、美容意識の高い40代~50代の女性100人を対象に「冬のスキンケアで最も気をつけていること」を教えていただきました。

洗顔や化粧水、保湿……など様々なスキンケアの中で、一体何に一番気をつけているのかになりますよね?

アンケートでは、そのスキンケアに注力する理由もお伺いしてきました!理由から考えれば、自分が力を入れるべきスキンケアも分かってくるでしょう。

ではさっそく、冬のスキンケアのアンケート結果を紹介していきます。

100人中72人が「最も気をつけている」と回答した第1位は、「保湿力が高い基礎化粧品を選ぶ」ことでした。

スキンケアの基本は基礎化粧品!と考えていらっしゃる方が多いようですね。

そして、いただいた回答の中で気になったキーワードが「セラミド」

「スキンケアの基本は何といっても保湿です。特に私はセラミドが多く配合されているものを選ぶようにしています」

「現在使用しているのがセラミドという保湿成分が入ったものを使用しているからです」

など、セラミド配合の化粧品を使うようにしている方がたくさんいました。このセラミドとは、肌を感想から守ってくれる成分です。セラミドが不足してしまうと、肌を守ってくれる機能が低下して肌荒れに繋がります。

肌を乾燥から守るためにも、保湿成分であるセラミドがたくさん配合された化粧水を使うのは、有効な対策といえるでしょう。気になる肌のカサツキも改善されるかもしれませんね。

 

続いて第2位は、「ナイトクリームや美容液を使用する」ことでした。

寝ている間の乾燥を防ぐためにナイトクリームを使用している方や、基礎化粧品はそのままでプラスアルファのスキンケアとしてナイトクリームや美容液を使う方が多いようです。

「朝起きた時にお肌がしっとりして、化粧ノリが良くなります」とのお声も。

暖房などを使っていると、どうしても肌が乾燥しやすくなりますが、寝ている間も保湿されるのはとっても魅力的ですよね。お気に入りの基礎化粧品を変えることに抵抗がある方は、ナイトクリームや美容液をプラスするのもおすすめです。

 

こちらもプラスアルファのスキンケアですが、第3位「フェイスパックを使用する」ことでした。

その手軽さと、顔全体にまんべんなく潤いを浸透させられることがフェイスパック人気の理由のようですね。使用頻度は人それぞれで、毎日使用する方もいれば、週1回で十分という方もいました。

特にカサツキが気になった日や、明日は絶対潤いをキープしたいという日などに、ピンポイントでフェイスパックを使用するのもいいかもしれませんね。

 

第4位は、「フェイスマッサージをする」ことでした。

血行をよくするためにフェイスマッサージには、顔の保湿などとはまた違った効果があるようです。顔の筋肉を鍛えることで、お肌のたるみを軽減することもできます。まさに一石二鳥のスキンケアですね。

また、いただいた回答の中には「乾燥肌がシワの原因になるので、保湿とリフトアップを重視しています」と、第1位の「保湿力が高い基礎化粧品を選ぶ」と第4位の「フェイスマッサージ」を組み合わせている方もいました。

冬のお肌は乾燥しがち。夏と冬でスキンケアは変えるべき?

四季の変化に恵まれた日本では、お肌の調子は季節ごとに大きく変化します。では、スキンケアの方法も季節の移ろいに合わせて変える必要があるのでしょうか。

化粧品選びや保湿の仕方などは、季節ごとに合ったものに変えていく必要があるスキンケアです。季節によって自分の肌にどういった変化が起こるのか把握して、使い分けましょう。

 

一方、季節に関係なく年間通して同じように行うべきスキンケアもあります。それは、「洗顔」です。洗顔をする際には、次の3点に気をつけてください。

・たくさんの泡でなでるように洗う

・ぬるま湯ですすぐ

・終了後すぐにスキンケア

すすぐ時は熱めのお湯で洗い流してしまうと皮脂まで流してしまいます。お肌のバリア機能の低下に繋がってしまうので特に注意してください。

目元や口元のカサツキは潤い不足のサイン。見直したい冬のスキンケア

気がつけばお肌がカサカサに!なんてことを防ぐために、気にかけてほしい体のパーツがあります。それは目元と口元です。

目元・口元は皮膚が薄く、他の部位より潤い不足の影響を早く受けることになります。そのため、目元・口元の乾燥は体全体の乾燥の初期の現れともいえます。そうなった場合、コラーゲンやビタミンCといった美容成分を取り入れるのが有効です。

それぞれの美容成分に合わせた摂取方法で、効果的なスキンケアを行いましょう。

まとめ

この冬、どういったスキンケアを行うかの参考になりましたか?お肌のカサツキは化粧のノリにも影響してくる深刻な問題であり、多くの女性を悩ませていることでしょう。

冬の間も美しさを保つためにも、スキンケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか。