このエントリーをはてなブックマークに追加

美貌はいつまでも現役!卒業アルバムから顔が変わってなさそうな40代・50代女性芸能人ランキング

美貌はいつまでも現役!卒業アルバムから顔が変わってなさそうな40代・50代女性芸能人ランキング

40〜50代になっても年齢を感じさせない方って、芸能人には多くいらっしゃいますよね。中でも今回は、「卒業アルバムから顔が変わってなさそう!」と思ってしまうほどの美貌を保っている女性芸能人についてアンケート調査を行いました。
彼女たちのように実年齢より若く見える人の特徴や生活習慣についても分析していきます!

卒業アルバムから顔が変わってなさそうな40代・50代女性芸能人といえば?

40〜50代の女性100人に「卒業アルバムから顔が変わってなさそうな40代・50代女性芸能人を選んでください。」という質問を行い、以下10人の中から1人選んで回答してもらいました。

矢田亜希子(41歳)、安室奈美恵(42歳)、吉田羊(46歳)、篠原涼子(46歳)、YUKI(48歳)、永作博美(49歳)、森高千里(50歳)、大塚寧々(51歳)、原田知世(52歳)、山口智子(55歳)

結果はグラフのように、永作博美さんが全体の4分の1の票数を集めて1位。2位以下は安室奈美恵さん、YUKIさんと続きます。
永作博美さんを選んだ方の理由としては、以下のような内容が目立ちます。
「デビュー当時と現在を比較しても、遠目で見たらほとんど変わっていないから」
「いつまでも、童顔というイメージがあるから」
「童顔なので、アイドル時代の顔と今も変わっていないから」
「昔から童顔で、常にナチュラルメイクだし今でも全く衰えを感じないから」
このように「童顔」をキーワードに挙げる声がとても多くありました。一方でメイクの印象について言及する意見も見られます。

2位の安室奈美恵さんには、もともとの完成された美貌を保ちつづけていることに対して賞賛する声が多く上がりました。

「デビューした当時の写真をみても、今とそれほど大きな違いがないように感じるから」

「年齢にかかわらず今でも綺麗なので、昔からの印象と大差無さそう」

「元からの顔の作りがよさそうなので。顔の彫りの深さなどは変化がなさそう」

一方で、「なんとなく、イメージ的なもの」「子供の頃のメイクしていない顔の印象が強い」など、若くして芸能界デビューされた安室奈美恵さんならではの理由もありそうな印象でした。

3位のYUKIさんは、1位の永作博美さんと同じく「童顔」を理由に挙げる意見が多くみられました。

「年齢を感じさせない童顔なので」

「昔から幼い顔立ちで、まったく印象が変わりません」

「童顔で若いころからかわいいイメージがあります」

(中には、「あまり可愛くないので、変えるところがなさそう」なんて辛辣な意見も…!)さらに、容姿だけでなく「歌声を聞いていると、年齢をまったく感じさせない」という声もあり、歌唱能力まで若い頃のまま保っていることがうかがえます。

 

同率4位は吉田羊さんと森高千里さん。

3位までにランクインした芸能人の方と比べ、あまり童顔という印象はないお二人ですが、森高千里さんは「自然なまま綺麗に年齢を重ねているなと感じるから」「基礎化粧など、日頃から努力している感じがするから」といったナチュラル感が今回の結果につながったよう。「テレビで映像が流れると、昔の映像を見ているかのように錯覚します」なんて声もあったぐらい、若々しい印象を保っていると言えそうです。

吉田羊さんに関しては、「年齢不詳のミステリアスなイメージがあります。あの顔で制服着てても違和感ないかも」といった女優としてのイメージを理由に挙げる声がある一方で、「顔立ちから、卒業する年齢のころは、少し大人びていた印象がありそうですが、それ以降変わっていない気がします」「若いときから老け顔というか大人の顔をしていたんじゃないかと思う」など、童顔とは逆に、昔から大人っぽい顔立ちだったからこそ今も変わらなさそうと考える人が多いようです。

 

5位以下の山口智子さん、原田知世さんについては「なんとなく自然体な気がするし、あまり濃い化粧をしていなそうだから(山口智子さん)」「メイクが濃くないので、すっぴんに近いために変わっていない気がします(原田知世さん)」など、メイクの印象についての意見が多く聞かれました。

 

実年齢よりも若く見える人の特徴を分析!

 

ここからは、実年齢よりも若く見える人に共通する特徴について分析していきます。

上記のランキングで1位の永作博美さん、3位のYUKIさんについては「童顔」という理由が多く挙げられました。やはり童顔の方は若々しい印象を与えるようですが、具体的にどういった顔立ちのことを指すのでしょうか。

童顔の方は、まず顔の輪郭が丸いことが多いです。さらに、目が大きく黒目も大きい人、目の形が丸い人も赤ちゃんのようなあどけない印象を与えます。

もともとの顔立ち以外でも、若く見える人の共通点はあります。笑顔が多いといった立ち振る舞いや、メイクが自然であることに加え、髪のツヤや肌のハリがあるかどうかなども印象を大きく左右すると言えそうです。

 

 肌年齢が若い人が実践している生活習慣もチェック!

もとの顔立ちに関係なく、いつまでも若々しい印象を与えるために重要なお肌。

肌年齢を若く保つためには、ふだんから以下のような生活習慣を身につけることが大切になってきます。

①紫外線対策

紫外線は私たちの肌を老化させてしまう最も大きな要因の一つ。日焼け止めクリームなどを活用して少しでもダメージを減らすようにしましょう。

②適度な運動

筋力が低下すると全身が血行不良となり、ターンオーバーの周期が乱れ肌の老化を進行させる可能性もあります。

③抗酸化作用の高い食品の摂取

ポリフェノール、ビタミンE、βカロチンなどの栄養素を含んだ食物を日常的に摂取することで、正常な細胞を攻撃し始めてしまう可能性がある活性酸素の働きを抑えることができます。

④十分な睡眠

肌細胞は寝ている間に再生していくので、睡眠時間が減ると新しい肌細胞が作られにくくなってしまいます。毎日7時間以上の睡眠時間が確保できるのがベストです。

まとめ

若い頃と変わらない美貌をキープしている印象のある40〜50代の女性芸能人についてのアンケート結果をもとに、若く見える秘訣や美肌のための生活習慣をご紹介してきました。芸能人のようにはいかずとも、こまめなケアで若々しさを保ちたいところです!