このエントリーをはてなブックマークに追加

【肌も冬支度を】本格的な乾燥に備える!今からやるべき秋スキンケアとは?

【肌も冬支度を】本格的な乾燥に備える!今からやるべき秋スキンケアとは?

秋にやるべきスキンケアとして何を重視しますか?本格的な乾燥に備えて、肌も冬の準備をする必要があります。

今回は美容意識が高い40~50代女性100人に「秋に最も重要視するスキンケアは何ですか?」というアンケートを行いました。出てきた回答をヒントに、秋のスキンケアを見直してみましょう。

乾燥してからでは手遅れ!秋のスキンケア

秋に最も重要視するスキンケアについて、100人にアンケートしました。6つの効果的な美容法を参考に、秋の肌トラブルを防ぎましょう。

保湿効果のある洗顔料を使う

 

気温が低下すると、お肌が乾燥しやすくなります。

 

肌は乾燥するだけで大量の皮脂が分泌されるため、保湿効果のある洗顔料を使うなら、うるおいが5時間以上は持続するものがマストでしょう。

 

また、季節の変わり目は肌の状態がゆらぎやすい時期です。空調による乾燥はシワやくすみの原因にもなるほか、昼と夜の温度差も肌ダメージの原因になるので注意が必要です。

 

湿度の下がる秋から冬に向けて、肌も準備をしなければいけません。夏向きのさっぱりした洗顔料ではなく、冬仕様の洗顔料を導入しましょう。

 

保湿効果のある洗顔料を使えば、急いで化粧水をつける必要はありません。洗顔の段階でうるおいの土台作りをしましょう。

 

濃厚な保湿クリームを使う

 

「濃厚な保湿クリームの導入は冬からでもいいんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、40代〜50代の肌は早めのケアが重要です。

 

季節の変わり目は肌がパリパリと乾燥しがちなので、濃厚な保湿クリームを使ってお肌にうるおいを閉じ込めましょう。

 

「まだ秋だから」といった油断は禁物です。冬の乾燥時期に備えて、たっぷり保湿できる環境を整えましょう。

 

保湿は老化防止が叶うターンオーバーも促進します。保湿たっぷりのクリームで、小ジワになりやすい目や口のまわりを集中的にケアするのがおすすめです。

 

強いクレンジングを控える

 

強すぎるクレンジングは、お肌の乾燥につながってしまい、逆に肌へダメージを与えることもあります。

そのため、季節の変わり目は洗浄能力の高いクレンジングの使用を控えてください。化粧をしっかりオフするのは大切ですが、刺激の与えすぎはNGです。

 

また、クレンジングの方法にも気を付けましょう。ゴシゴシこすってしまうと、必要なうるおいも一緒にはがれてしまいます。特に皮膚の薄い目の周りは、専用のリムーバーを使ってクレンジングするのがおすすめです。

 

秋の肌はちょっとした刺激がダメージになることもあるため、肌に優しい成分が配合されたクレンジングでやさしくオフしましょう。

 

贅沢な美容液を使う

 

年齢を重ねると、普段のケアではうるおい不足になってしまいます。エイジングケアのために、いつもより少し贅沢な美容液を購入みるのも良いでしょう

 

アンケート結果を見ると、贅沢な美容液でしっかりケアをする40代〜50代女性が増えているそう。秋から冬にかけてのスキンケアは、毎日頑張っているご褒美に、良いものを使ってみてはいかがでしょうか。

 

夏の強い日差しを受けた肌は、季節の変わり目にダメージが出ます。だからこそ、秋は肌をいたわる季節なのです。

 

肌の疲れを感じたら、普段使わない贅沢な美容液がおすすめ。集中ケアをして、ハリとうるおいを取り戻してあげましょう。

 

夏の古い角質をピーリングケアする

 

秋は肌が乾燥しゴワゴワする季節です。本格的な冬を迎える前に、夏の古い角質をピーリングケアしてあげましょう。

 

肌への負担が大きいイメージがあるピーリング。「摩擦が原因で肌荒れや皮膚の乾燥が悪化するかも…」と手が出せない人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際は古い角質をオフすると、美容成分が浸透しやすいお肌に生まれ変わるのです。優しい成分でできたスクラブなどで、やさしく角質をオフしてください。

 

本格的な冬を迎える前に、うるおいが浸透しやすいお肌を作りましょう。

 

保湿をする前に角質ケアが重要

 

肌の乾燥対策は、保湿に目が行きがちですが、まずは角質ケアをして水分が浸透しやすい肌を作ることが大切です。

 

特に30代以上になるとターンオーバーに乱れが生じ、角層が厚くなってしまいます。古い角質を取り除いて正しいタイミングに戻してあげる必要があるのです。

 

乾燥肌さんは角質ケアをしない人も多いようですが、逆に乾燥を誘発する原因になってしまいます。

 

本格的な冬の前に、ぐんぐん保湿成分を吸い込む肌を作ると、美容液の効果もより高いものになりますよ。

 

秋のスキンケアのポイントまとめ

 

秋は夏のダメージが原因で、一番肌のトーンが暗くなる季節。皮膚が敏感になり、キメが乱れるのが原因です。角質が乱れやすくなると、乾燥や肌トラブルにつながりかねません。

10月11月になると気温が低下し空気が乾燥していきますが、皮脂が過剰に分泌され吹き出物に悩む女性も多いです。

秋のスキンケアは、まず角質ケアで美容成分が浸透しやすい肌へ仕上げるのがおすすめです。保湿成分が入った洗顔やクリームに切り替えて、うるおいを逃さない美容ケアをしましょう。

 

まとめ

ここでは、お肌の大敵である秋・冬のためのスキンケア方法について紹介しました。特に40〜50代の方は、ここで解説したような正しい方法で乾燥を避けることがとても大切です。今後の肌のためにも、夏のスキンケアから、保湿成分の高い秋の商品へ切り替えることをおすすめします。

また、うるおいのケアも大事ですが、スキンケア成分がしっかり浸透する肌づくりも重要です。ゴワゴワの角質をしっかりオフし、美容成分が浸透する土台を作りましょう。