このエントリーをはてなブックマークに追加

夏こそ大事な保湿対策|乾燥していない時期こそ注意したいスキンケア

夏こそ大事な保湿対策|乾燥していない時期こそ注意したいスキンケア

保湿と言えば、肌が乾燥したときにだけ行うものと思っている方もいるのではないでしょうか。肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して肌トラブルが起こりやすくなるため、乾燥する前に保湿することが大切です。また、「乾燥は冬に起こるもの」というイメージを持っている方もいるでしょう。

肌の乾燥は、空気の乾燥によるものですが、実はほかにもさまざまな原因があるのです。そのため、夏でも保湿ケアが必要です。季節に応じた乾燥の原因を知り、適切にスキンケアすることで、乾燥から肌を守ることができます。冬には冬の、夏には夏のスキンケアの方法があるため、健康な肌を保つためにも確認しておきましょう。

ここでは、夏こそ大事な保湿対策について、詳しい方法やおすすめアイテムを紹介していきます。

乾燥していない夏に肌が乾燥してしまう原因は?

夏の乾燥肌の原因は、次のとおりです。

  • エアコンによる乾燥
    夏は、外気は乾燥していないものの、室内は乾燥しやすくなっています。これは、エアコンの影響で空気中の水分が減り、湿度が下がることによって起こります。職場や家の中、電車やバスの中などさまざまなところでエアコンがかかっているため、それだけ肌が乾燥しやすいのです。
  • 紫外線の影響
    夏は、紫外線が多く降り注ぎます。紫外線は、肌にダメージを与えるとともに、皮膚の水分を奪い、乾燥させてしまうのです。
  • 冷たいものを多く摂っている
    冷たいものを摂りすぎると、血行が悪くなることで新陳代謝が低下します。肌の新陳代謝が低下することで、肌の健康を保てなくなり、乾燥肌を招くのです。

夏は、これらの原因によるインナードライが問題となります。インナードライとは、肌の表面はしっとりしているのに、肌の内側は乾燥している状態です。

インナードライの状態では、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすいため、乾燥肌の場合と同じく入念な保湿ケアが必要です。また、紫外線対策で肌へのダメージを防いだり、冷たいものを摂りすぎたりしないようにすることも大切でしょう。

夏のスキンケア 保湿のポイントは?

保湿のポイント

夏のスキンケアや保湿ケアのポイントは、次のとおりです。

  • 1日2回までの洗顔
    1日2回以上の洗顔は、肌のバリア機能を持つ皮脂を落としすぎる恐れがあります。朝のメイク前と夜の入浴時に洗うといいでしょう。また、熱い湯での洗顔も皮脂を落としすぎることにつながるため、32~35度程度のぬるま湯で洗顔しましょう。その他、洗顔料をよく泡立てて、優しく洗うことも重要なポイントです。
  • ぬるめの湯につかる
    夏の風呂はシャワーで済ませる方もいるでしょう。ぬるめの湯にゆっくりつかることで、血行を促せるため、新陳代謝が高まります。
  • 十分な保湿ケア
    洗顔後や入浴後は、化粧水やクリームでしっかり保湿ケアします。ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれた保湿化粧品を使いましょう。
  • 日焼け止めをこまめに塗りなおす
    日焼け止めは汗で流れてしまうため、こまめに塗り直すことが大切です。メイク直しの際に、日焼け止めも忘れないように塗りましょう。

このようなスキンケアや保湿ケアを徹底することで、夏の乾燥を抑えられます。また、十分かつ良質な睡眠や栄養バランスのとれた食事、適度な運動など、身体の内側からのケアも忘れないようにしましょう。

オイル美容液での保湿がおすすめ!

夏の保湿ケアには、オイル美容液を使うのがおすすめです。高い保湿効果により、肌を乾燥から守ってくれます。オイル美容液は化粧水の後に使いましょう。化粧水で水分を与え、オイル美容液で水分や栄養、油分を与えることで、高い保湿効果が期待できます。

おすすめのオイル美容液は、エミューオイルが含まれたものです。エミューオイルは、エミューという鳥から採取されるオイルで、人間の皮脂と近い性質を持っています。そのため、肌へのなじみがよく、少量でよく伸びるようになっています。

また、炎症を抑える効果も期待できるため、乾燥によってダメージを受けやすくなった肌のケアに適しているのです。そのまま塗るだけではなく、マッサージするのもいいでしょう。指の腹で優しくマッサージすることで、血行を促して新陳代謝を高められます。

新陳代謝が高まれば、乾燥しにくい健康な肌をキープしやすくなり、夏の乾燥から肌を守れるでしょう。このように、エミューオイルの作用とマッサージの効果の相性が非常にいいため、試してみることをおすすめします。


まとめ

夏は、エアコンによる空気の乾燥や紫外線の影響で肌が乾燥しがちです。乾燥しているところに紫外線や摩擦などによる刺激を受ければ、肌トラブルが起きてしまうでしょう。夏は肌がしっとりしやすいため、「保湿ケアはそれほど重要ではない」と思いがちですが、夏でもしっかり保湿ケアをしなければ、インナードライになり肌トラブルのリスクが高まります。

正しい洗顔や十分な保湿ケア、紫外線対策などで肌を守ることが大切です。また、エミューオイルを含むオイル美容液を使ったマッサージも習慣づけましょう。夏の乾燥の原因を取り除きつつ、肌を保湿したり、マッサージで新陳代謝を高めたりすることがポイントです。夏も健康な肌を保つために、正しくケアしましょう。

記事の参考URL
https://www.bibeaute.com/article/344768
https://96-5.co/19Nx
https://www.bibeaute.com/article/562176