このエントリーをはてなブックマークに追加

春一番は乾燥肌が誤魔化せない!カサカサに乾燥しやすい50代の顔の部位を徹底調査!

春一番は乾燥肌が誤魔化せない!カサカサに乾燥しやすい50代の顔の部位を徹底調査!

春一番、この季節の肌の乾燥はすさまじいものがあります。特に顔は外にさらされていますので、カサカサになりやすいですよね。

今回は50代女性の肌に注目し、カサカサに乾燥しやすい顔の部位について聞いてみました。50代女性の乾燥肌の悩みは身体の変化に関係があることや、どのようなスキンケアをすればよいのかなどについてご紹介していきます。

空気が乾く春一番の季節…50代がカサカサに乾燥しやすい顔の部位は?

空気が乾く春一番の乾燥に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容への意識が高い50代の女性の方100名に、「カサカサに乾燥しやすい顔の部位を教えてください。」と質問したアンケート調査を実施しました。

すると、実に半数近くにあたる46%の方が「口の周り」と答え、堂々の1位を獲得しました。口の周りの乾燥が気になる理由を聞いてみると、「唇がカサカサになってしまうので、リップクリームは欠かせない」「唇が切れてしまうくらい乾燥する」と、口の周りというよりは唇の乾燥が気になっている人も多いことがわかります。また「口の周りがカサカサするので丁寧にケアをしている」「口の周りが粉を吹いたような状態になってしまう」「ファンデーションを塗ると皮がめくれてしまう、粉を吹いて乾燥してしまう」といった意見や、「口の周りの乾燥でほうれい線が目立つ」といった意見も多くありました。

唇は他の部位よりも皮膚が薄いため、確かに乾燥により荒れたり切れたりしやすいです。口の周りが乾燥すると回答している人の多くは、「粉を吹いたような状態」になっているのを気にしているということがわかりました。しっかり保湿をしても、ファンデーションを塗るとまた粉を吹いてしまうというのですから困りものです。ほうれい線が気になるのも嫌ですよね。

 

2位には28%の人が回答した「目の周り」がランクインしました。

目の周りや目じりの肌が乾燥により突っ張るといったことから始まり、目じりのシワが目立つようになってきて乾燥するとさらに老けて見えるとか、ファンデーションを塗るとシワっぽくなってしまうとか、外出して帰ってきたら乾燥で小じわが目立ち驚いた…というエピソードなど、目の周りの乾燥が気になる理由の多くは、「シワ」にあるようです。目の周りのシワは、ダイレクトに年齢を感じやすい分、気にしている人が多いと考えられます。

 

3位には16%の人が乾燥を気にしている「頬」がランクインしました。

頬はお風呂上りに乾燥が気になるという人が多く、ツッパリ感やカサカサを感じているようです。ただ3位といっても16%ですので、どちらかというと頬の乾燥を気にしている人は少数派のようです。

 

また、「鼻」や「額」はいわゆるTゾーンにあたる部分なので、こちらもまたカサカサに乾燥しやすいとまで感じている人は少数です。回答した人の理由としては、「鼻をよくかむ花粉症の季節などに鼻の下がカサカサになる」といった理由でした。ちなみに鼻の下については、口の周りと認識している人も多いので、本来であれば口の周りの乾燥に入るものかもしれません。

 

これらのアンケート結果から考察すると、50代の女性で顔がカサカサに乾燥しやすいと感じ気になっている部位は、ほぼ口周りと目の周りに集中しているということがわかります。また乾燥による「シワ」が気になっているということもよくわかりました。

50代の身体の変化と乾燥肌の関係性

アンケート結果を見てもわかるように、50代の女性は肌の乾燥に悩んでいます。

50代は更年期を迎える年代でもあり、ホルモンバランスが変化します。この身体の変化が、肌に大きな影響を及ぼすのです。更年期を迎えると女性ホルモンは急速に減少します。女性ホルモンには、皮膚の保湿力を高めてくれる働きもあるので、それが減少してしまうと、必然的に肌が乾燥しやすくなってしまうのです。皮脂分泌量やコラーゲンなども年齢とともに徐々に減ってきているうえ、ターンオーバーの周期も長くなっていきます。そうするとなかなか肌が再生されないため、それがくすみやシミの原因となり、また肌の乾燥にも繋がっていきます。

スキンケアコスメを見直して50代の乾燥肌対策を

50代の肌は身体の変化により乾燥しやすいということがわかりました。しかし、あきらめることはありません。スキンケアを見直して、身体の変化に応じた50代のための乾燥肌対策をしましょう。

まず、肌に刺激を与えないということが大切です。界面活性剤などの余計な添加物の配合が少なく、エイジングケアできる化粧品を選び、肌をこすらないよう優しくケアしてください。

紫外線対策も忘れずに!紫外線はシミの原因になるだけでなく肌の乾燥を加速させますので、充分注意しなくてはいけません。

そして、身体の中からケアすることも大切です。大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするので、大豆イソフラボンを含む高野豆腐などを、積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は50代の女性がカサカサに乾燥しやすいと感じている顔の部位について、調査してみました。

50代の女性が圧倒的に気にしているのは口周りと目の周りの乾燥です。たしかに乾燥によるシワが目立ってしまい気になる箇所ですよね。とはいえ50代の乾燥肌は身体の変化が大きく影響していますので、年齢に合ったスキンケアが大切となります。これまで以上に肌をいたわり刺激を与えず、食べ物にも気を遣いながら、エイジングケアをしていきましょう。